店内送料無料多数あり!
ライフダイレクトはわかりやすい税込・送料込みの価格です。
※一部地域・一部商品を除きます。詳しくはお問い合わせください。
  • 一体型水槽
  • クリーンタワー UV-90
  • エアーリング AR-75
  • エアーポンプ

店長日記

ブルコンFP-40でビオトープ計画? その3

ちょっとわかりにくいのですが、水が少し白濁してきたので、水流を作るためにプラケースに水中ポンプと濾材を入れて投入したら・・・
 
一晩で白濁が取れました。




実は、鯉の稚魚をもらったので鯉メインの水槽になってしまいました・・・。 蓮を浮かせたい・・・。

ブルコンFP-40でビオトープ計画 その2

水を入れて2~3日放置し、濁りが取れてきたところで、作戦開始です!!

↑設置翌朝、少し濁りが取れてきましたが、もう少し様子を見ます。
↑それから2日くらいでだいぶ透き通ってきたので・・・
近所の用水路にあった水草を採取し植えてみた。
そして昨日、用水路にいたメダカっぽい魚を捕獲し水槽に放す。 右上の魚はいったいなんて魚なのか?
  下にいるヒメダカっぽいのが一時たくさん用水路にいて、ビオトープ作戦を思いついたのに、1匹しか獲れませんでした。
捕獲した用水路の雰囲気を出したかったのでツユクサみたいなのを水面に這わせ、小千谷の都屋商店様よりマツモを譲っていただき、こんな感じで飼育していきます!! 魚が少なすぎて少し寂しい・・・。

ブルコンFP-40でビオトープ計画?その1

昔なじみのアミーゴが、ブルコンFP-40でメダカを飼うっていうので、私もやってみることに。

結構pHが下がると聞いたので、底砂にアルカリ性質のホワイトサンド(珪砂)を使いpH安定に期待!!

綺麗なホワイトサンドを見ていたら、いっそ小さな熊手かなんかで枯山水でもって・・・水を張らなきゃ本末転倒ですな!!

水を張ったら予想通りガッツリ白濁!(沈殿したら粉っぽいところだけホースで吸い取ります)

取り敢えず、水質を測定。水温が23.9℃でpH7.3でした。
塩は入れてないので塩分は0

木化石を適当に配置して、取り敢えず終了!!
ホワイトサンドも売るほどあるので気になる方はお問い合わせください


次回へつづく

ブル・コンテナFP-40

メダカの飼育に最適!! 伸和のブル・コンテナFP-40です!!

底砂をひいたり、浮草浮かべたり、メダカの飼育って楽しそう♪ビオトープやってみたいです。
(容器があるうちにメダカも飼っちゃおうか)
 
サイズは750×455×H175 m/m
色はブルーとグリーン(画像はブルー)

内側にメモリがあるので薬浴に便利です!!

ご購入はこちら


ブルコン180で金魚、400で錦鯉を飼ってます

ブルコンに魚が入って2週間が経ちました。

アオコが出たので殺菌灯を設置したりしました。
アオコは2~3日でほぼ無くなり、エアーリフトの循環もバッチリで水は澄んでいるし魚も元気なので水の出来もなかなかのようです。



魚を入れたばかりの400
アオコが繁茂し、殺菌灯を設置したばかりの400
アオコが消えて殺菌灯を180へ移したての400 水が澄んで天気も良かったので、苔が増えましたが、水は順調にできてきているようです。
ブルコン400・180に使用している濾材、天然ソフトセラミックス『ボルケーノ』です。

ブルコン180で金魚、400で錦鯉を飼う

ブルコン180に専用濾過槽(FRP製)を使用して金魚を飼育します。
こちらのブルコン400で錦鯉を飼育します!!
水の白濁は濾過材のせい。洗って入れれば濁りません。


濾材の粉が沈殿したら水が綺麗に澄みました♪
上の2台をXP-30でエアレーションします。
180濾過(エアーリフト式)
400濾過(エアーリフト式)
400濾過槽エアレーション
1方は完全開放でちょうど良いエアレーション。
 解放していた1方はすぐに400内エアレーションに使用しました。

エアーポンプは絞って使うと熱を持ち故障の原因となりますのでご注意を!加圧での故障はメーカー保証対象外となります。

今後もちょいちょい動画をアップしていきます。

塩分・PH・水温を一発測定!コイメディックプロ

春先の水質管理に欠かせないアイテム登場! 一度の測定で、「塩分」「PH」「水温」を一発測定できます!! その名も、コイメディックプロです。
一つ目の動画では塩が解け切っておらず塩分を測定できませんでしたが、翌日測定しなおしたらしっかり測定できました。 水温、塩分とも安定している方が測定が短く済みます。 ご使用前に槽内をかき回したりして水質を一定にすることをお勧めいたします。

エアーリングと適応ポンプの目安

エアーポンプ1台でどれだけのエアーが吹かせるか? 水深1ⅿで50m/mの丸玉1個5㍑を目安にご使用いただくことをお勧めいたします。 下記はエアレーションだけでなく、エアーの吹き出す力で池や水槽内に対流を起こし循環を良くする効果があるエアーリングとポンプの適応表になります。 エアーリングと適応ポンプの目安
エアーリングのエアーを吹き出すホース(ユニホース)は1年毎の交換をお勧めいたします。エアーポンプは加圧が一番の大敵!エアーが強すぎる場合は風量を絞るのではなく、空いてるコックを少し解放しエアーを逃がすと、ポンプに負荷を掛けず適量のエアーを槽内へ送ることが出来ます。 後、エアーポンプ停止時の逆流にもご注意ください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷不可

ページトップへ